粗忽長屋で蒟蒻問答

無駄な方便、無用の用、脳味噌を棚卸する、そんな雑草咄しと落語と書見

五分の魂

毎年想う。

ついにこの季節がやってきたと。

 

蚊、である。

 

ウチは5階建てマンションの5階なのに、なぜか蚊がいる。

蚊がやってくる。

蚊が飛来する。

蚊が漂っている。

それくらい、蚊とのたたかいに追われる。

いろいろな対策をとるも、それでも、夜、寝ていると、耳もとのあたりをプーンと飛んでくる。

 

このプーンを聞くと、本能が反応する。

身体が反応してしまう。

それでもむかしは、数回の応酬で確実にパチンとしとめていた。

だが、歳なのだろう、反応速度の減衰で、スカることがやたらと多くなった。

それが、いっそうイライラさせられて、目が冴えわたって、夜中なのに寝るのもそこそこになってしまう。

これは、ほんとうにいかん。

そして、かんべんしてほしいと毎度、げんなりする。

 

心情的には、虫とはいえ、殺生沙汰は好まない。

むかし、ブラッド・ピット主演の映画『セブンイヤーズ・イン・チベット』というのを鑑賞したことがあるのだが、この映画のなかでチベットの仏教僧たちが、自分たちの寺院を建立する際に、基礎を据えつけるため土地を掘り起こすのだが、その土のなかからミミズがたくさん出てきて、しかし、殺生沙汰を避ける戒律のために、そのミミズたちをていねいに別の場所へと手でのける、というシーンが出てくる。

そんなことしていたら、建設が進まないだろうことをわかっていながら、自分たちの流儀を曲げない姿に、ブラピとともに、いたく感心したのを覚えている。

これを観て、一寸の虫にも五分の魂、小さな虫に手をかけるのは、今後の人生でやめておこうと、自分の心のうちでひそかに誓ったクチである。

 

そうであるのに、蚊については、本能でパチンとやってしまう。

これにも毎回、忸怩たる想いがつのるのだが、つぶされた蚊のむくろのまわりに、自分の吸われた血をみて、奇妙な達成感を感じる、二律背反する想いを抱く。

 

そんな思いを抱えつつ、最近、Yahoo!ニュースで朗報ともいえるべき記事を読んだ。

 

「蚊が”飛べなくなる”新技術/商品化も検討/花王」

 

というものだ。

 

「画期的な蚊よけ」と謳っている。

開発元の花王によると、蚊の体表全体には小さな凹凸があるため、水を吹きかけただけでは、はじかれて落とすことはできないようなのだが、この水に、洗剤の成分である「界面活性剤」をいれて吹きかけると、蚊が水になじんで濡れることになり、重たくなって、飛んでいる蚊が落ちるという。

「殺虫剤なしの蚊よけ」ということで、花王が商品化も検討しているようだ。

 

自分の二律背反する想いをわかってもらえたようで、こういうのを待っていた、と喝采を送りたくなった。

どのような商品になるのか、期待もひとしおだが、ほんとうに良いものなら、カスタマーセンターにお礼の電話を一本、入れたいところである。

 

それにしても、人間が自然とウィンウィンの関係を築くことは、とてもむずかしいことなのだと痛み入るばかりである。